研究業績(論文など)

著書

分担執筆

  1. A.Orita, A.Yoshikawa and T.Terano: “Chapter 19  MANGA-Case Training for Global Service Science.“Global Perspectives on Service Science: Japan (S.K.Kwan et al (eds.)共著) Springer, pp.293-312,2017
  2. 折田明子「第12章 オンライン・コミュニケーションとアイデンティティ」関東学院大学人間共生学部コミュニケーション学科編『コミュニケーション入門~人間共生時代におけるコミュニケーション』 pp.141-153, 関東学院大学出版会, 2016年4月
  3. 折田明子 「第9章:インターネット上で名乗る名前とプライバシー」公文俊平・大橋正和編著『情報社会のソーシャルデザイン:情報社会学概論II』 NTT出版 , 2014年11月 pp.217-235
  4. 折田明子・山崎富美「第7章 情報交換と人脈形成のプラットフォームソーシャルメディア上でのID と名乗りの設計」 國領二郎編 『創発経営のプラットフォーム』 pp.177-204, 日本経済新聞社, 2011年10月
  5. 折田明子 「第7章 知識共有コミュニティ」 三浦麻子・森尾博昭・川浦康至編著『インターネット心理学のフロンティア~デジタル化で変貌するヒトと社会』 pp.182-216, 誠信書房, 2009年2月

学術論文

査読付


  1. 折田明子(2017) オンライン・オフラインにおける名乗りと「本名」〜戸籍姓・生来の姓・家族の姓. 情報社会学会誌 Vo.12 No.1 pp.63-72 (プレゼンテーション賞受賞
  2. Satoshi Takahashi, Toru B. Takahashi, Akiko Orita, Atsushi Yoshikawa, Takao Terano (2017) The More You Know, the Easier It Is to Learn: Requirements for a Support System to Facilitate Case Method Learning.The Journal of Information and Systems in Education. Vol. 15 (2016) No.1 pp.28-41 [本文PDF]
  3. 折田明子・吉川厚・田代光輝・江口清貴(2016) マンガ教材による若年層に向けた実効的な情報リテラシー教育の試み 情報社会学会誌 Vol.11 No.1 pp.61-70 (研究ノート)[本文PDF]
  4. 折田明子 (2015)  ソーシャルメディア利用における実効性のあるプライバシーのコントロール. 情報社会学会誌 Vol.10 No.1, pp.5-14[本文PDF]
  5. 山本秀男・吉川厚・小川美香子・折田明子 (2011)  プログラムマネジャー向けアドバンスト・ケース教材の開発. 国際プロジェクト&プログラムマネジメント学会論文誌 Vol.5 No.2 pp.89-101
  6. 折田明子 (2009) 価値観の対立から制度設計へ-審議されない選択的夫婦別姓制度を事例に. 政策情報学会誌 Vol.3 No.1, pp.15-22
  7. 折田明子 (2009) ネット上のCGM利用における匿名性の構造と設計可能性. 情報社会学会誌Vol.4 No.1,pp.5-14 (優秀論文賞受賞
  8. 山本秀男・吉川厚・小川美香子・折田明子 (2009) マンガ教材を用いたアドバンスト・ケース研修の構想. 国際プロジェクト・プログラムマネジメント学会誌Vol.3 No.2, pp.87-95
  9. 折田明子・三木草・小川美香子 (2007) 発信しづらい情報交換における匿名性の効果~ダイエット食品クチコミ調査から. 情報社会学会誌 Vol.2 No.2 pp.114-127
  10. Orita, Akiko (2006)  Online mutual aid , “RAQ”: a study of anonymous and traceable interactions . Journal of Computers, Vol.1 Issue 8 , pp.55-60 December 2006
  11. Orita, Akiko (2005)”TKAS Model: Citizen Interaction to Resolve Minority Issues in Public Administration. Electronic Journal of E-Government,Vol. 3 Issue 3 , pp.129-136 November2005

招待/解説論文


  1. 折田明子 (2016) ソーシャルメディアにおける信用形成とプライバシー 計測と制御 Vol.55 No.1,pp.47-52[本文PDF]
  2. 折田明子 (2014)  インターネット上の名前・アイデンティティ・プライバシー. 情報管理 57(2),  pp.90-98 [目次/本文PDF]
  3. 折田明子 (2013)  特集:プライバシーを守ったITサービスの提供技術 8.オンラインサービスと匿名性. 情報処理,54(11),1147-1151 (2013-10-15)
  4. 折田明子 (2012) ソーシャルメディアと匿名. 人工知能学会誌 Vol.27 No.1 pp.59-66
  5. Orita, Akiko (2011)  Balancing Benefits and Privacy in Social Media Use:Unconscious Reflection of Real-Space Information. Journal of Strategic Management Studies Vol. 2, No. 2,pp. 23–29, 2011
  6. 折田明子 (2011) SNS に集約する情報:ネットワーキングからライフログへ. 情報の科学と技術 Vol.61 No.2 pp.70-75
  7. 折田明子 (2009) Web上の人物および行為の信頼性評価. 人工知能学会誌Vol. 24 No. 4 pp.527-534

学会発表

国際会議

2016〜
  1. Orita,A (2017) What Real Name Do You Use Online? : Situational Use of Maiden and Legal Name in Japan . Proc.of 5th International Conference on Research and Innovation in Information Systems (ICRIIS 2017) (July16-17, Adya Hotel Langkawi, Malaysia )

~2015
  1. Orita, A. (2015) Privacy on Social Media ”From cradle to grave”  JPAIS/JASMIN International Meeting 2015 (Dec.13, Fort Worth Convention Center, TX, USA)
  2. Orita,A. and  Miura,A.(2012) Why do so many women visit “pseudonymous” online forum?  -    A case of “Hatsugen-Komachi” in Japan-. Poster Session, Grace Hopper Celebration 2012 (Oct.3 ,2012 Baltimore, Maryland,USA)
  3. Uchida,H. , Orita, A. , Kunigami, M., Yoshikawa,A. and Terano,T. (2012) Persona Conjoint Method:  Measuring Learners' Latent Understandings and the Effect of Stereotypes in Complex Business Situations.  Poster Session, Grace Hopper Celebration 2012 (Oct.3 ,2012 Baltimore, Maryland,USA)
  4. Uchida, H., Orita,A., Kunigami,M., Terano,T. and  Yoshikawa,A. (2012) Measuring Learners’ Awareness through Persona-Conjoint Method.  Poster Session, the 34th annual meeting of the Cognitive Science Society

  5. Orita, A. (2011)  What is your definition of “Real Name” on Social Media?, OASIS2011 IFIP8.2  Pre-ICIS Workshop (Shanghai, China)
  6. Orita,A., Yoshikawa, A. and Terano, T. (2011) Practical IS-Education using MANGA. OASIS2011 IFIP8.2 Pre-ICIS Workshop (Shanghai, China)
  7. Orita, A. , Yoshikawa, A. and Terano,T. (2011) Conducting Situated Intelligence Training – Practices of executive training using MANGA. Proceedings of International Conference “Rethinking Business and Business Education (CD-ROM) (Oct.21,2011 at  Chois, Greece,University of Aegean)
  8. Yoshikawa, A., Orita, A. and Terano T. (2011) Design of Situated Intelligence Training - A method for executive training using MANGA.  Proceedings of International Conference “Rethinking Business and Business Education (CD-ROM) (Oct.21,2011 at  Chois, Greece,University of Aegean)

~2010年

  1. Orita, A., Yoshikawa, A. and Terano, T. (2010) Making a Complex MANGA case for Learning in Practice: Embedding Awareness, Experience and Knowledge in the Description. Proceedings of IADIS CELDA2010, pp. 326-327(Oct.15, 2010 at Timosoara, Romania)
  2. Orita, A., Ogawa, M., Yoshikawa, A. and Yamamoto,H.(2010)  “She is the CTO! ” : Developing MANGA cases in IT education” Poster Session,  Grace Hopper Celebration 2010 (Sep.29 2010, Atlanta, GA,USA),2010
  3. Orita, A. and Fujiwara,M. (2010) Privacy or Benefit? : Users'attitude towards mobile social media usage . Full Paper, Proceedings of The 18th Biennial Conference of the International Telecommunications Society(CD-ROM) (June 29,2010 at Tokyo)
  4. Orita, A. and Hada, H. (2009) Is that really you? : An approach to assure identity without revealing real-name online” to be appeared in Proceedings of the 5th ACM workshop on Digital identity management, ACM CCS pp.17-20 ( Nov13, 2009, at Chicago USA)
  5. Orita, A. (2009) User’s Attitudes Towards Anonymity in User-Generated Content : Based on Structure of Anonymity “ Proceedings of IADIS e-Society2009, pp163-170 (Mar.1, 2009, at Barcelona, Spain)
  6. Orita, A. (2006) Designing mutual-aid model for RAQ (Rarely Asked Question) in e-government: Practical use of anonymity. DeSeGov2006 Workshop, Proceedings of ARES pp1012-1016, 2006 (Vienna, Austria)
  7. Orita, A. (2006) “Advantage of anonymity in mutual-aid on the web: Overcome prejudice against non-conforming marriage style in Japan”, Poster Session , Proceedings of IADIS Web Based Communities 2006, pp.447-449 (San Sebastian, Spain)
  8. Orita, A. (2004) How Can We Involve "On-Line" And "Off-Line" People To The Election Campaign Together? : From The Experience As A Candidate For The Election Of Diet Members. Proceedings of PISTA’04 Vol.2 pp284-289,(Orlando, Florida USA)
  9. Orita, A. (2004) Tell, know and act: A case study in e-Participation representative of Citizen interaction “ Proceedings of ECEG2004, pp611-617 (Dublin, Ireland)
  10. Orita, A. and Murai, J. (2001) E-Government promotes gender equality : Women's new journey from Miss/Mrs to Ms in Japan. INET2001, Poster Session (Stockholm, Sweden)
  11. Orita, A., Niimi, M. and Murai, J. (2000) The three ways the Internet empowers an ordinary individuals : How women in Japan express themselves and their opinions. Proceedings of INET2000 (CD-ROM)  (Yokohama, Japan)
  12. Orita, A., Miyagawa, S. and Niimi, M. (1999) Network Communication Brings Opportunity for Minority: Identity of Woman at Home. Proceedings of INET99 (CD-ROM)  (San Jose, California, USA)

国内発表

2016〜

  1. 折田明子(2017) ネットサービス利用時の実名と旧姓使用. 経営情報学会2017年春季全国研究発表大会(2017.3.9-10 於 法政大学)
  2. 折田明子 (2017) ソーシャルメディア利用における旧姓の名乗り分け 情報処理学会EIP75研究報告No.10 (2017.2.17於佛教大学二条キャンパス)
  3. 岩戸まどか・喜多祐輔・黒田拓也・折田明子 (2016) 携帯料金の金額に対する認識〜学生と社会人の比較調査〜. 情報社会学会2016年年次研究発表大会WIPセッション (2016.7.30 於東京大学)
  4. 折田明子・田代光輝・吉川厚・江口清貴(2016) オリジナルマンガ教材による中学生向け情報リテラシー教育の実践. 情報処理学会EIP72研究報告No.12 (2016.6.2於情報セキュリティ大学院大学)

〜2015
  1.  折田明子・吉川厚(2015) マンガ教材による中高生向けLINEリテラシー教育の実践~若年ユーザの安全な利用にむけて . 経営情報学会2015年秋季全国発表大会(於沖縄コンベンションセンター 11月29日)
  2. 西仲則博・吉川厚・折田明子(2015) メディアリテラシー育成のための指導法の開発~SNSの利用に焦点をあてて . 経営情報学会2015年秋季全国発表大会(於沖縄コンベンションセンター 11月29日)
  3. 折田明子(2015) 本名だけど見られたくない?〜大学生のSNS利用と名乗り. 情報処理学会EIP69研究報告No.13 (2015.09.03)
  4. 田中翔太・立川匠・折田明子 (2015) LINEは誰とつながるツールなのか 情報社会学会2015年度年次研究発表大会WIPセッション(於関東学院大学関内メディアセンター 7月25日) (プレゼンテーション賞受賞
  5. 長谷川大悟・下土居明孝・矢田隼斗・折田明子 (2015) 親子間のインターネットについてのギャップ調査. 情報社会学会2015年度年次研究発表大会WIPセッション(於関東学院大学関内メディアセンター 7月25日)
  6. 鈴木拳斗・ 濵本康暉・折田明子 (2015) 就職活動に関するSNSの利用の意識調査. 情報社会学会2015年度年次研究発表大会WIPセッション (於関東学院大学関内メディアセンター 7月25日)
  7. 折田明子 (2015) ソーシャルメディアと旧姓使用. 経営情報学会2015年春季全国研究発表大会(於日本大学生産工学部 5月30日・31日)
  8. 西井竜士・田代光・松岡省吾・柴崎洋輔・折田明子(2014) ソーシャルメディアにおいてユーザーに個人情報保護をどう理解させるか.情報社会学会2014年度年次研究発表大会WIPセッション
  9. 折田明子(2013)利用者死亡時のソーシャルメディアにおけるプライバシーの扱いに求められる要件. 経営情報学会2013年秋季全国研究発表大会予稿集(J-STAGE)
  10. 吉川厚・折田明子(2013) 研修効果測定法としてのキーフレーズ発見法.経営情報学会2013年秋季全国研究発表大会予稿集(J-STAGE)
  11. 折田明子 (2013) 日常生活で利用するSNSでみられる名乗りについて.情報処理学会DPS156/GN89/EIP61研究報告No.26
  12. 折田明子・三浦麻子・森尾博昭・宇田周平・田代光輝・鈴木隆一・松井くにお (2013) オンライン・コミュニティにおける実名とハンドルの名乗り傾向:NIFTY-Serve 心理学フォーラムの事例.情報処理学会EIP59研究報告 No.2
  13. 折田明子 (2012) ソーシャルメディア利用における「名乗り」とプライバシー:「実名」には何が求められるのか. 経営情報学会2012年秋季全国研究発表大会予稿集 (J-STAGE)
  14. 吉川厚・折田明子・寺野隆雄 (2012) 人材育成における学習効果分析. 経営情報学会2012年秋季全国研究発表大会予稿集 (J-STAGE)
  15. 三浦麻子・森尾博昭・折田明子・宇田周平・松井くにお・鈴木隆一・田代光輝(2012) オンラインコミュニティで「社会知」は醸成されたか: NIFTY-Serve 心理学 フォーラムの事例研究.第5回知識共有コミュニティワークショップ論文集pp.51-59
  16. 森尾博昭・三浦麻子・折田明子・宇田周平・田代光輝・鈴木隆一・松井くにお(2012) オンライン・コミュニティにおける社会的距離の分析:ニフティサー ブの掲示板ログを用いた予備的分析. 第5回知識共有コミュニティワークショップ論文集pp.99-100
  17. 田代光輝・鈴木隆一・松井くにお・宇田周平・折田明子・三浦麻子・森尾博昭 (2012) NIFTY-Serveにおけるフォーラムデータの整形.第5回知識共有コミュニティワークショップ論文集pp.85-88
  18. 田代光輝・折田明子(2012) ネット炎上の発生過程と収束過程に関する一考察.DPS152/GN85/EIP57研究報告 No.7
  19. 吉川厚, 折田明子, 國上真章, 寺野隆雄 (2012) 経験学習の学習効果測定の方策. 教育システム情報学会 第37回全国大会, pp.266-267
  20. 内田瑛, 高橋徹, 國上真章, 折田明子, 寺野隆雄, 吉川厚(2012) マンガ描画技法が学習者に与える印象の分析 ―マンガ教材の品質改善に向けて―. 教育システム情報学会 第37回全国大会, pp. 198-199
  21. 折田明子(2012) ソーシャルメディア利用における亡くなったユーザ情報の扱いに関する一考察.情報処理学会DPS152/GN85/EIP57研究報告 No.6
  22. 折田明子・吉川厚・寺野隆雄(2012) マンガ教材によるグローバルなビジネス教育の実践:海外ワークショップの開催を通じて. 第26回人工知能学会全国大会 オーガナイズドセッション仕掛学
  23. 内田瑛・國上真章・折田明子・寺野隆雄・吉川厚 (2012)マンガ教材学習における登場人物の視覚的特徴が印象に与える影響. 第6回エンターテイメントと認知科学シンポジウム pp.16-19
  24. 宇田周平・三浦麻子・森尾博昭・折田明子・鈴木隆一・田代光輝・佐古裕 (2011)NIFTY-Serveにおけるフォーラムデータの分析と整形. 第4回知識共有コミュニティワークショップ論文集 pp.44-46
  25. 折田明子・三浦麻子 (2011) ネットコミュニティの利用者の名乗りとアイデンティティ - 「発言小町」利用者調査分析 (2) :利用姿勢と実名・仮名・匿名. 経営情報学会2011年秋季全国研究発表大会予稿集 (J-STAGE)
  26. 折田明子・吉川厚・寺野隆雄 (2011)  グローバルな経営情報教育とマンガ教材ケースの可能性:米国州立大学における実践を通じて. 経営情報学会2011年秋季全国研究発表大会予稿集 (J-STAGE)
  27. Donald L. Amoroso, 松岡 アモロソ 奈留代・折田明子 (2011) アメリカ生まれの回答者と日本生まれの回答者によるソーシャルメディアの使い方:違いは存在するか? . 経営情報学会2011年秋季全国研究発表大会予稿集 (J-STAGE)
  28. 吉川厚・折田明子・國上真章・寺野隆雄 (2011) キーフレーズ発見法による組織評価. 経営情報学会2011年秋季全国研究発表大会予稿集 (J-STAGE)
  29. 吉川厚・折田明子・國上真章 (2011) 学習の変化を捉える. 日本教育工学会第27回全国大会予稿集, pp.77-80
  30. 折田明子・吉川厚・寺野隆雄 (2011) マンガ教材のグローバル活用に向けて-米国州立大学での授業報告-. 日本科学教育学会第35回年会予稿集,pp.64-65
  31. 寺野隆雄・吉川厚・折田明子・越山修・國上真章 (2011)マンガを使ったケース学習をどう評価するか. 日本科学教育学会第35回年会予稿集,pp.66-67
  32. 岡本真・折田明子・加藤学・松野将宏(2011) 顧客主導による店舗間紹介文化の醸成」第25回人工知能学会 オーガナイズドセッション仕掛学


〜2010

  1. 折田明子・吉川厚・山本秀男 (2010) マンガ教材によるソーシャルメディアのプライバシ教育の実施と評価. 情報処理学会研究報告 DPS145/GN77/EIP50 No.30
  2. 折田明子・吉川厚 (2010) 読み解くためのマンガ教材設計:描画による実践教育ケースの制作手法. 経営情報学会2010年秋季全国研究発表大会予稿集(J-STAGE)
  3. 吉川厚・折田明子 (2010) マンガ教材を使った研修設計:問の連鎖による深い理解」経営情報学会2010年秋季全国研究発表大会予稿集(J-STAGE)
  4. 吉川厚・寺野隆雄・折田明子・山本秀男・小川美香子(2010) マンガを使った教え方-新人訓練用教材を使って-. 日本科学教育学会第34回年会予稿集pp.173-176 
  5. 寺野隆雄・吉川厚・山本秀男・折田明子・小川美香子(2010) マンガで学ぶビジネス-海外ワークショップ報告-」日本科学教育学会第34回年会予稿集 pp.165-166
  6. 山本秀男・吉川厚・小川美香子・折田明子 (2010) プログラムマネジャー向けアドバンスト・ケース教材の開発」国際プロジェクト・プログラムマネジメント学会2010年秋季研究発表大会予稿集 pp.130-140
  7. 三浦麻子・折田明子 (2010) オンラインコミュニティ利用者の行動と意識 「発言小町」利用者調査分析(1):積極的サポート希求の有無による差異. 日本グループ・ダイナミックス学会第57回大会 S5-4
  8. 羽田久一・折田明子(2009) 個人利用を目的としたユーザ参加型食品原材料データベースの構築. 情報処理学会研究報告 DPS141/GN73/EIP46 No.9, 2009.11
  9. 折田明子・羽田久一 (2009) インターネット上で得られる食品原材料情報に関する一考察. 情報処理学会研究報告 DPS141/GN73/EIP46 No.8 ,2009.11
  10. 田中あやか・折田明子・小川美香子 (2009) 携帯電話による食の情報提供の可能性と課題. 経営情報学会2009年秋季全国発表大会予稿集 (J-STAGE収録)  
  11. 折田明子 (2009) ソーシャルメディアにおけるなりすまし問題に関する考察. 情報処理学会電子化知的財産・社会基盤研究会研究報告EIP-44, No.4 pp.1-6
  12.  折田明子 (2009) 構造的観点によるネット利用者の匿名志向分析:CGM利用に対するアンケート調査. 第15回社会情報システム学シンポジウム論文集(ISSN 882-9473) pp.89-93
  13. 折田明子(2008) インターネットと匿名性. 日本社会心理学会第49回大会インターネット心理学のフロンティアワークショップ, 2008年11月2日, かごしま県民交流センター
  14. 折田明子 (2008) インターネット利用の安心・安全に関する構造的理解への転換. 政策情報学会第4回研究大会予稿集pp.5-8
  15. 折田明子 (2008) CGMにおいてユーザが志向する匿名性についての考察. 経営情報学会2008年秋季全国研究発表大会予稿集pp.342-345
  16. 山本秀男・吉川厚・小川美香子・折田明子(2008) マンガ教材を用いたアドバンスト・ケース研修の構想」国際プロジェクト&プログラムマネジメント学会2008年秋季発表大会予稿集pp98-106
  17. 折田明子 (2008) インターネットを利用した実名制ネットワーキングサービスの設計と展開. 国際戦略経営研究学会第1回全国大会報告要旨集 pp99-102, 2008
  18.  折田明子 (2008) リンク不能性の観点による匿名性の分類と活用:匿名性の高い実名と匿名性の低い仮名. 電子情報通信学会コミュニティ活性化時限研究専門委員会(CoA: Community Activation)研究会予稿集pp19-24,2008
  19.  折田明子 (2007) CGMにおける匿名性レベル:リンク可能性および一覧性. 経営情報学会2007年秋季全国研究発表大会予稿集pp110-113
  20. 折田明子・江木啓訓(2007) リンク可能性および一覧性の観点による匿名性の分類. 電子化知的財産・社会基盤研究会研究報告EIP-37,pp153-158
  21. 折田明子 (2006) インターネット上での相互扶助における匿名性と履歴追跡可能性. 経営情報学会2006年秋季全国研究発表大会予稿集 pp164-166
  22. 折田明子 (2005) インターネット教えあいサイトにおける匿名性の有効性についての一考察:行政の例外的手続き事例の解決において. 経営情報学会2005年秋季全国研究発表大会予稿集、pp504-507
  23. 須子善彦・宮川祥子・折田明子 (2002) 自己情報コントロール権を実現した人材マッチングシステムの研究. 情報処理学会第44回グループウェアとネットワークサービス研究会研究報告, 2002年6月
  24. 折田明子 (2001)「自律発生コミュニティによる個人の政治参画~選択的夫婦別姓導入をめざすインターネット活動」政策メッセ2001論文集、pp33-39,2001
  25. 西村祐貴・江木啓訓・折田明子 (2001).グループレビューにおける匿名性の利用に関する研究.  情報処理学会第40回グループウェアとネットワークサービス研究会研究報告, GN-40-14, pp.77-82, 2001年5月


Comments